引越しゴミや粗大ごみ処分、遺品整理なら長崎リサイクルサービスへ。出張高価買取も致します。

株式会社 長崎リサイクルサービス 不用品回収・引っ越し・ハウスクリーニング・遺品整理のご相談は0120-561-819 お気軽にお電話下さい 即日対応可能!お見積り無料!

コラム

「遺品整理で依頼できること」について

「遺品整理で依頼できること」について

長崎リサイクルサービスの月1コラムです。
毎回リサイクルや不用品の処理についての情報を配信予定しております。
少しでもお役に立てていただけるコラムになればと思っております。
今回は「遺品整理で依頼できること」について紹介します。

■遺品整理を検討する

親族の方が亡くなって、その方が生前生活で使われていたものは、その方との思い出を感じるものなので、整理を始めるにはまずは気持ちの整理が必要となりますが、いつまでもそのままとはいかないということもあります。
生活小物の整理だけなら個人で始めることもできますが、タンスや居間のテーブルなど大きな家具、家電になるとなかなか大がかりな量と手間になるため、遺品整理を依頼できるリサイクル回収業者にまとめて依頼することが大変助けとなります。
または遠方に住まれていてなかなか足を運ぶことが出来ない、仕事など自分の生活の為に時間の都合を何度もつけるのが難しいなどの場合もこうしたサービスを利用することをおすすめします。

■依頼出来る便利な内容

遺品整理の依頼では、上のように処分が大変な家具家電を単純に引き取り、処分してもらうだけでなく、希望の品は処分の対象から外して残して受け取ることができます。
依頼の際に思い出の強くある、残しておきたいものなどを伝えて依頼しておくと、こうしたものについて作業後探し出し選り分けておいてもらうことが出来ます。
また故人の死後、銀行や役所への届け、相続のためのさまさまな手続きも必要となり、こうしたことに必要な書類を探し出す必要も出て来ます。
遺品整理の依頼の中にはこうした手間も作業の中でまかせることが出来るため、時間や距離の都合で自身で作業できない場合大変助けになるかと思います。

■遺品整理での注意

まとめて処分を依頼できるとはいえ、引っ越しやリサイクルでの引き取り処分と同じくお金などの金品やストーブなどの中に残る燃料など、処分受付ができないものもあります。
こうしたものについては遺品の整理の中で残しておきたいと依頼をしたものと同じく処分対象から外され、別途依頼者が受取り対応する必要がありますので忘れず頭においておきたいことになります。
また、業者によっては作業時立ち合い必要な所と立ち合いの必要がない所とありますので、ご都合に合わせて選ばれるとよいかと思います。

いかがでしたか?
遺品整理についてはまだまだ依頼のメリットや注意点などありますので、機会があればお話できればと思います。 では次回のコラムをお楽しみに。

バックナンバー