引越しゴミや粗大ごみ処分、遺品整理なら長崎リサイクルサービスへ。出張高価買取も致します。

株式会社 長崎リサイクルサービス 不用品回収・引っ越し・ハウスクリーニング・遺品整理のご相談は0120-561-819 お気軽にお電話下さい 即日対応可能!お見積り無料!

コラム

「オフィスの不用品処分方法」について

「オフィスの不用品処分方法」について

こんにちは、長崎リサイクルサービスの月1コラムです。
毎回リサイクルや不用品の処理についての情報を配信予定しております。
少しでもお役に立てていただけるコラムになればと思っております。
今回は、「オフィスの不用品処分方法」について紹介します。

■パソコンなど電子機器の処分

一般家庭の不用品をまとめてリサイクルまたは処分依頼する場合と比べ、業務で利用しているオフィスの不用品処分では、顧客情報を持ったパソコンや機密メディアの処分について注意を払う必要があります。
こうしたものには産業廃棄物処理の許可が必要になります。
リサイクル、処分目的の回収を依頼する場合、事業で利用しているものの処分ができるかどうか、情報メディアの適切な処分ができるかどうかは見積依頼の際にしっかりと確認し、対応できるリサイクル業者を選ぶことが大切です。

■重量物の回収

オフィスの不用品回収では一般家庭の不用品回収と比べると、特殊で重量のある不用品が出ることがあります。
そうしたものにもしっかり対応できるのか、気になる場合は事前に伝えておくと安心です。

■塗料などの危険物にも注意

塗料や溶剤などには管理にも処分にも資格や許可が必要なものがあります。
事業所の不用品処理にはこうしたものへの対応もまとめて出来るのかということも依頼をする際のポイントです。

■OA機器のリサイクル

オフィスで使用しているプリンターやコピー機、その他さまざまなOA機器は買い取りの見積が出来るものも多いので、買い取りを含むリサイクル回収ができる業者に依頼することで、処分費用を抑えることができます。
1つ1つ処分方法を検討するより、ひとまとめで対応出来、時間の節約にもなります。

いかがでしたか?
オフィスについてのリサイクルは一般家庭と比べ量も種類も大きく異なります。
また注意を払う情報も含まれますので、信頼できるサービスを利用するようにしましょう。
また次回のコラムをお楽しみに。

バックナンバー