引越しゴミや粗大ごみ処分、遺品整理なら長崎リサイクルサービスへ。出張高価買取も致します。

株式会社 長崎リサイクルサービス 不用品回収・引っ越し・ハウスクリーニング・遺品整理のご相談は0120-561-819 お気軽にお電話下さい 即日対応可能!お見積り無料!

コラム

「テレビのリサイクル」について

「テレビのリサイクル」について

こんにちは、長崎リサイクルサービスの月1コラムです。
毎回リサイクルや不用品の処理についての情報を配信予定しております。
少しでもお役に立てていただけるコラムになればと思っております。
今回は、「テレビのリサイクル」について紹介します。

■テレビのリサイクル方法

まずはテレビを処分したい場合ですが、テレビは家電リサイクル法対象のものなのでそのままゴミとして出すことができないことを知っておくことが必要です。
ではテレビの処分、リサイクルはどうやって行う必要があるかということですが、以下のようにいくつかの方法があります。
・家電量販店の引き取りサービスに持ち込む
・家電量販店の引き取りサービスで引き取りに来てもらう
・家電リサイクル券を購入し、自治体指定の回収業者に回収してもらう
・リサイクル業者、リサイクルショップに買い取ってもらう

■家電量販店の引き取りサービスに持ち込む

家電量販店で新しくテレビを購入した際に古いテレビを引き取りしてくれるサービスを行っている場合があります。テレビは家電リサイクル法対象のものなので、処分には処分費用がかかってしまいます。
こういったサービスを利用すると処分費用を節約することができます。

■家電量販店の引き取りサービスで引き取りに来てもらう

家電量販店の引き取りサービスで自宅まで引き取りに来てもらう場合、家電リサイクル法としての処分費用を 節約するこはできますが、場合によっては回収費用が掛かる場合もあります。

■家電リサイクル券を購入し、自治体指定の回収業者に回収してもらう

不用品として自治体、自治体の指定する回収業者に回収してもらう場合、家電リサイクル法での家電リサイクル券を郵便局などで購入し、あらかじめ聞いておいた回収の時間に合わせ回収場所に持っていく手間と費用が必要になります。

■リサイクル業者、リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクル業者に回収を依頼する場合、買い取れる状態のものであればその場で査定し、買い取りをしてもらうことで費用を節約することが出来ます。買い取りが出来ない場合そのまま処分のための家電リサイクル券の購入費用と、運搬費用などを支払い処分してもらうことになります。
事前に電話などで状態を伝え、簡単に見積もってもらうことが出来る場合、そうしたことを利用したがよいかと思います。

■サイズで違うリサイクル費用

テレビは大きく大小サイズでリサイクル費用が変わってきます。15インチ以下を小、16インチからを大とし費用が変わってくるので必ず事前にサイズを確認しておきましょう。

■買い取り時は付属品も忘れずに

テレビを中古で買い取り依頼する場合、リモコンや電源ケーブルなど付属品は忘れず合わせて保管しておきましょう。リモコンがないと買い取りがしてもらえない場合も多いので注意が必要です。
可能であれば説明書や外箱などがあるとより高く買い取りしてもらえることもあります。

■Bキャスカードの扱い

地デジ対応テレビには受信の為にBキャスカードが差されています。このBキャスカードはそのままで他人に譲渡し使用することはできません。ですのでリサイクル処分として回収に出す場合、Bキャスカードは自身で金色の部分を切るかたちでハサミを入れ、破棄するようにしましょう。
中古として売却を予定している場合、リサイクルショップなどによってはBキャスカードなしで買い取りを行う場合と、Bキャスカードが残っている状態のほうが査定結果が高い場合があります。
Bキャスカードはそのままでは他人に譲渡し使用することはできませんが、Bキャスカードを管理するB-CAS社に連絡し、使用者の変更手続きを取ることで再利用することが出来るため、この方法の利用が可能な場合、Bキャスカードがあるもののほうが高い査定となることもあるようです。
Bキャスカードには個人情報が含まれているため扱いには注意を払うことが必要です。

いかがでしたか?
身近なテレビのリサイクルについてまとめてご紹介してみました。ご参考にしていただければと思います。
また次回のコラムをお楽しみに。

バックナンバー